お知らせ

バランスの良い筋力は体の歪みを予防できる!

今日はバランスの良い筋力は体の歪みを予防できるというお話をしたいと思います。
身体にバランスのよい筋力をつけるということは、とても大切な事です。
ここで私が患者さんにすすめている方法をお教えします。
 
・上半身は1kgの鉄アレイ(百円ショップにあります)を左右の手に持ち、交互に上げ下げをする。肩から上と肩から下と2種あり、これを毎日1、2分。(体力のない方はペットボトル500CCでも)
・体幹や下半身は毎日30分のウォーキングが良い
(鉄アレイに関しては重量を上げる際、無理をしない重さにして、重量よりも数を増やしてトレーニングをする)
 
このように身体にバランスのよい筋力をつけることは、体の歪みを予防するのと同時に体の症状の改善にもつながります。
また、体力(持続力、瞬発力)がついてくるのでとても健康にもいいのです。
 
◆身体の歪みを取り除く
・背骨は主に頭痛や頭重、背筋、胸筋、腰筋、肩の周辺の筋肉のこりと痛みやしびれの予防、改善に効果。
それと内臓諸機能の正常化と活性化(内臓が強くなります)50肩と手、肘の腱鞘炎等の予防と改善。
手のしびれの予防、改善に効果。
とくに猫背の方、椅子に足を組んで座る方は上記の諸症状がなかなかとれにくく、長期を要しますので日頃の姿勢はとても大切です。
毎日、背骨の歪みを取り除いて、いつも背骨を柔らかくしておくことをおすすめします。
(身体の歪みをとる1分間体操に方法は記されています。1分間体操を見る>>
 
・骨盤は腰部から下、主に下半身全般の痛みやしびれの予防や改善に効果。
特に股関節、膝関節は歪みやすく骨盤の他、この2つの関節も正すことをお忘れなく。歪んでいますといつまでも痛みやしびれになって症状として出てきますので。
足関節の捻挫もすみやかに正しい位置に戻しておかないといけません。痛みがなかなか引かないばかりか、再捻挫を起こしかねません。
畳(またはフローリング)の生活は背骨、骨盤、股関節、膝関節が歪みやすいので椅子の生活をおすすめします。
【方法】
椅子には背あてに深く座り横からみて股関節、膝関節、足関節が直角になる座り方がよい姿勢です。
この時、悪い足をどこかに乗せたくなりますが、乗せてはいけません。
腰に座布団かクッションがあれば当てるととても楽になります。
どうしても姿勢が悪くなる方、足がだらしなく開いてしまう方は全身の筋力不足があります。
先ほどの筋力をつける運動をするようにしましょう。
それでも姿勢が悪くなる方は膝の上を幅広のヒモで結んで膝と膝が離れないようにしましょう。背すじも伸びて姿勢がよくなりますよhappy01
 
以上、長々とお話をしてきましたが、筋力をつける事、身体の歪みを取り除く事の2つはとても大切な事です。
そして、自分の体はむしろ歪んでいると認識して生活された方がよいと私は思います。(背骨の歪みは万病のもとです)
健康な生活を望んでいるみなさんは今日から出来る事から始めてみてください。
健康を勝ちとることは多少の努力も必要かと思いますので。
一覧に戻る

診療案内

市川名倉 安藤整骨院
各種健康保険、交通事故、労災取扱い 保険外(背骨・骨盤矯正)
往診対応。
介護のことなら何でもご相談ください。
ケアマネジャー 安藤吉郎

〒272-0035
千葉県市川市新田2-31-24
地図はこちら>>

047-378-0073

モバイルサイトの案内

当院のサイトはスマートフォンにも対応しております。 その他携帯をお使いの方は、QRコードを読み取って携帯専用サイトへアクセスしてください。

qr

ページTOPへ
スマ-トフォンサイトを表示する