お知らせ

home

患者さんお二人のショッキングな体験

ごく最近患者さんお二人のビックリした話がありましたsweat01

お二人とも日頃からうちに通われている古くからの方々で、70才程の男性です。
一人の方はとてもがっちりとした見るからに健康そうな方です。
その方は最近肩こりと身体のだるさ、疲れやすいといった症状があり、近くの個人医に行かれました。
そこでは何も悪いところはないということでしたが、本人は納得出来ずに大きな病院を紹介してもらい、検査をしたところ、心臓の血管がつまっていて、すぐに入院して手術をしないといけないと言われたそうです。
手術は無事に終了し、今までの症状はほとんどなくなったそうです。
 
もう一人の方も普段元気そのものといった方です。
その方が早朝5時頃にトイレで何の前触れもなく大量吐血をしました。
そのまま救急車で運ばれ、検査の結果胃潰瘍という診断でした。
 
お二人とも処置が早かったせいか何事もなくて本当に良かったですlaugh
人の身体というものは寄る年波には勝てないのでしょうか。
自分の身体をいたわり、いくら健康だからといって決して過信してはいけません。
せっかく神様からいただいた命です。大事にして人生を全うしたいものです。
そして充実した楽しい人生をおくりたいものですnotes
▲pagetop